永久脱毛の定義とは?

永久脱毛とは医療行為のため、医療機関でしかできないものとなっているため、エステサロンでは永久脱毛を謳うことはできません。そして多くの人が、エステサロンでは永久脱毛はできないのか…また永久脱毛と聞くと永久的に無毛になると勘違いしがちなのですが、生涯永久的に、毛が生えてこないことを保証しているものではないです。

以前のアメリカにおいては、1ヶ月後の発毛率20%以下が永久脱毛の定義とされていましたが、これに対して、1998年ハーバード大学のグループが新たな永久脱毛の定義を考えて、永久減毛(permanent hair reduction)を提唱します。
これは、レーザー脱毛後に、身体の各部位における毛周期を超える期間において、終毛の数が著名に減少している状態が持続すること、と定義されていて、米国FDA(Food&Drug Administratiom・日本の厚生労働省に相当する政府機関)では、レーザー脱毛装置の認可はこの概念に基づいて行なわれているのです。

簡単にまとめると、6カ月程度生えてこなければほとんど生えてくる確率が低いとの見解が強く永久脱毛の定義と言えます。
ただし、仮に6ヶ月後生えてきたとしても産毛のような細い毛であるのでご安心ください。

結論:無毛になるという定義では、クリニックのレーザー脱毛、エステの電気脱毛どちらも完全な永久脱毛でないとも言えます。逆に言えばエステサロンは永久脱毛を謳えないだけであって、永久脱毛の効果を得ることは可能と言えるでしょう

脱毛の種類

無駄毛の処理を楽にしたい。』

『剃り後を目立たないようにしたい。』

このようなことから、脱毛の施術を受ける方が増えています。

最近は、女性だけではなく、男性のヒゲや胸毛、すね毛などの処理を行うためのコースも、様々なエステサロンで設置されています。

脱毛には、次の3つの方法があります。

電気針脱毛レーザー脱毛、光脱毛。

まず、電気針脱毛では、1本1本処理。
施術時間がかかるのはネックですが、確実性は高いです。

そして、レーザー脱毛や光脱毛は、脱毛したい部分に光を照射することで脱毛処理を行うものです。

レーザー脱毛も光脱毛も、広範囲に光を当てて一気に無駄毛を処理することが出来るため、針脱毛に比べて施術時間が短時間で済みます。
違いと言えば、レーザー脱毛の方が光脱毛に比べて出力が高いことです。

なので、レーザー脱毛の方が、その人に合った施術を行いやすく、
また光脱毛の良さは、施術にかかる費用が針脱毛やレーザー脱毛に比べて安価なことです。

脱毛には、これらの脱毛方法がありますが、費用や効率性、施術時間など様々な視点からサロン選びやコース選びを行うようにしましょう。

ひげの永久脱毛について関連ページ